忍者ブログ
NHK-FM「吹奏楽のひびき」の記録です。 非公式ページですので、悪しからず。
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 第18回目放送は下記の曲でした。

 − 洗足学園音楽大学シンフォニック・ウィンド・オーケストラ演奏会 −(2)

「“ベガス”序曲 作品128」   ジェームズ・バーンズ作曲
                       (7分20秒)
(吹奏楽)洗足学園音楽大学シンフォニック・ウィンド・オーケストラ
                  (指揮)ジェームズ・バーンズ

「トリティコ」          ヴァーツラフ・ネリベル作曲
                      (12分25秒)
(吹奏楽)洗足学園音楽大学シンフォニック・ウィンド・オーケストラ
                  (指揮)ジェームズ・バーンズ

「ヒズ・オナー」          ヘンリー・フィルモア作曲
                       (2分40秒)
(吹奏楽)洗足学園音楽大学シンフォニック・ウィンド・オーケストラ
                  (指揮)ジェームズ・バーンズ

  〜東京芸術劇場で収録〜
                    <2008/7/4>



 
 先週に続き、NHK独自収録による音大吹奏楽のライヴ録音です。

 当日にプログラムは下記の通り。

http://www.senzoku.ac.jp/music/concert/08natu_festival/0704.html

 この中で演奏された、バーンズの最新作3曲のうち、先週放送した「第6交響曲」に続いて「”ベガス”序曲」をご紹介。こちらも音源は他では聴けないものだったので、珍しかったのではないでしょうか。

 残る「プレリュードと祈り」、それにアンコールで演奏されたバーンズ「モハベズ・クレイヴズ」(Mojaves Claves)を紹介するのもよかったのですが、それでは今回のライヴが「バーンズ特集」となって「洗足学園音楽大学の演奏会」というトピックスが薄くなってしまう、との理由から、メインの「トリティコ」を紹介することになりました。

 録音もたくさんある「トリティコ」ですが、作曲家(バーンズ)がどのような演奏をするか、というのが注目だったのではないでしょうか。

 放送しませんでしたが、バーンズの振った課題曲もテンポ設定が遅めで、なかなか興味深かったです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
最新TB
最新CM
[11/04 NAPP]
[11/04 NONAME]
[07/10 いたる]
ブログ内検索
最古記事
(04/02)
(04/09)
(04/17)
(04/26)
(05/16)
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
バーコード
カウンター
アクセス解析