忍者ブログ
NHK-FM「吹奏楽のひびき」の記録です。 非公式ページですので、悪しからず。
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 第12回目放送は下記の曲でした。


 − 国立音大ブラスオルケスター・ライブ −(2)

「デイ・ドリームズ」          ダナ・ウィルソン作曲
                      (17分20秒)
          (吹奏楽)国立音楽大学ブラスオルケスター
              (指揮)ドナルド・ハンスバーガー

「組曲“マ・メール・ロア”から“妖精の園”」
                 ラヴェル作曲、淀 彰・編曲
                       (3分25秒)
          (吹奏楽)国立音楽大学ブラスオルケスター
              (指揮)ドナルド・ハンスバーガー

「ウェディング・ダンス」
   ジャック・プレス作曲、ハーバート・N・ジョンストン編曲
                       (3分10秒)
          (吹奏楽)国立音楽大学ブラスオルケスター
              (指揮)ドナルド・ハンスバーガー

  〜東京芸術劇場で収録〜
                    <2008/7/5>



 先週に引き続き、国立音大ブラスオルケスターが、前イーストマン・ウインド・アンサンブル指揮者であるドナルド・ハンスバーガーを招いた演奏会のライヴ録音です。
 当日のプログラムはこちら。

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cdi-0043/


 ドビュッシー/淀彰の「クラリネットと管弦楽のためのラプソディー」は、いわずと知れた有名曲。
 大変素晴らしい演奏だった(個人的に当日一番の演奏)のですが、やはりこれはバンドというよりもソロの演奏紹介となってしまうため、放送は断念しました。


 スーザ/ハンスバーガー「スーザに敬礼!」は、「スーザのマーチ、ワルツ、ダンスによる組曲」という副題がついていて、その通りの内容。
 スーザの有名曲からマイナー曲まで、いくつかの曲の断片が演奏され、その間をナレーターが埋める、という感じの構成。なので、編曲というよりも「スーザ紹介のためのサンプル集」という趣きでしょうか。
 今回はナレーターを三浦徹先生(ユーフォニアム/元・東京佼成ウインドオーケストラ)が軽妙に務めていて面白かったのですが、17分という長さもあるし、内容も別段原曲から変えてある訳でもないので、放送にはかけませんでした。



 あと、放送と生は、どうしても迫力に差が出てしまいますね。
 国立音大ブラスオルケスターのような大編成のバンドは、ぜひ生で聴いてみて下さい。今回の放送が、そのきっかけとなってくれればいいな、と思います。


 さて、次回は8月なのですが、4回ある8月の放送は、ゲストをお招きしてポップス系の吹奏楽をお送りします。
 ポップス系、というとニュー・サウンズなどを想像するかもしれませんが、そういうのとはちょっと違う趣向でいっています。
 ぜひ聴いてみて下さい。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
(12/31)
最新TB
最新CM
[11/04 NAPP]
[11/04 NONAME]
[07/10 いたる]
ブログ内検索
最古記事
(04/02)
(04/09)
(04/17)
(04/26)
(05/16)
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
バーコード
カウンター
アクセス解析